夕蛙のなく頃に

データアナリストとして学んだことや趣味で勉強し始めたIoTをアウトプットする

「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」を読みました。

どこで目についたのか忘れてしまいましたが、タイトルに惹かれました。

どういう本がおすすめされているんだろう、その本読んでみようかなという動機で読みました。

自分を発見していく話だった

最初は、 Aさんとはこういう話をして〇〇という本をすすめた というエピソードが70個羅列されていて、それがメインだと思っていましたが、違いました。

出会い系サイトで知らない人に本をすすめる というコンセプトで1歩踏み出した女性が、いろいろな人との出会いの中で自分を発見していき、自己実現を果たしていく話でした。

個性ないなぁとか能動的に行動してないなぁと自己分析している私にとって、一連の活動(成長?)は元気をくれるし心に刺さりました。

特に前から憧れていたガケ書房の山下さんに連絡して会いにいく行動力はすごいです。出会い系サイトという小さな努力の積み重ねが大きな自信となった結果だと思います。

おすすめされていた中で読みたい本

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)

23分間の奇跡 (集英社文庫)

23分間の奇跡 (集英社文庫)

藤子・F・不二雄大全集 モジャ公

藤子・F・不二雄大全集 モジャ公

青春と変態 (ちくま文庫)

青春と変態 (ちくま文庫)

  • 作者:会田 誠
  • 発売日: 2013/10/09
  • メディア: 文庫

(羅列してあると自分の興味の延長線上で選んでしまうので、1対1で自分1人におすすめしてもらうのは、やはり面白そうな体験だなと思いました。)