夕蛙のなく頃に

データアナリストとして学んだことや趣味で勉強し始めたIoTをアウトプットする

「オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版」を読みました

オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版

オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版

  • 作者:平澤 章
  • 発売日: 2011/04/07
  • メディア: 単行本

読もうと思ったきっかけ

以前、下記のQiita記事を読んで、エンジニア1,2年目で学んでおくべきことを全然知らないなと感じました。

(データアナリストとして働いてきたので当然といえば当然ですが)

qiita.com

趣味でNuxt.js+Firebaseで室温可視化Webサイトを作ったり、ちょくちょく開発をしているので、エンジニアとしての基礎を学びたいと思った次第です。

なぜオブジェクト指向という考え方が出てきたかの歴史的な経緯から説明されている点がいいなと感じました。

オブジェクト指向とは

以下の3つの概念に集約されます。

  • クラス: バラバラになっていたサブルーチンと変数をまとめて整理整頓
  • ポリモーフィズム: 重複したコードを一本化する仕組み
  • 継承: 重複したコードを一本化する仕組み

機械語 -> アセンブリ言語 -> 高級言語 -> 構造化言語 として進化してきた中で、グローバル変数の管理が難しい・コード(機能)の再利用が難しいという問題点を解消するべく生まれた考えです。

歴史的な経緯からどのような問題を解消するためにその技術が生まれたか、と考えることはどの分野においても大切な考えですね。

次学びたいこと

デザインパターンという概念は知っていましたが、オブジェクト指向とは紐付いていませんでした。
デザインパターンとは、オブジェクト指向により加速した再利用のカタログ。)

Nuxt.jsを書いていて、どうコンポーネントにまとめるべきか悩むことが多かったので、デザインパターンを学ぶことは有用そうです。