夕蛙のなく頃に

データアナリストとして学んだことや趣味で勉強し始めたIoTをアウトプットする

ErgoDoxEZ買いました

ErgoDoxEZ買いました

分離型キーボードをいつか使ってみたくて、メジャーで周りでも持っている人が多いErgoDoxEZを購入しました。

設定は以下の通りです。

  • チルトキットあり
  • ウィングあり
  • 色はBlack, 無刻印, キータイプはKailh Brown

f:id:frogdusk:20191106155645p:plain

購入から受取

11月3日の夜に購入、11月4日に関税通すための情報不足のためメールでやり取りし、11月5日の夕方に発送、11月6日の昼に到着しました。 (ちなみに情報不足とは名前や住所を日本語で書いてしまったため、英語表記で欲しいという内容でした)

メールでのやり取りがなければ注文から2日で到着していたのではないでしょうか、爆速配送でした。

到着時には消費税として1200円を現金で払いました。

開封

包んでいた薄いビニール袋は少し破れており、箱はけっこう傷付いていました。

f:id:frogdusk:20191106161714j:plain

中のキーボードは無傷だったので、まぁ問題ないです。

f:id:frogdusk:20191106162101j:plain

設定

設定はこちらの記事を参考にしました。

  1. Ergodox EZ ConfiguratorGUI的にキー配列を設定
  2. 設定したファイルをダウンロードする
  3. Teensyによりキーボードに流し込む

qiita.com

私の設定は以下で、Layer0以外はノータッチです。
JISで設定しているので、GUI上の記号と実際の記号は異なります。その対応を調べて設定するのが大変でした。

Ergodox EZ Configurator

バックスラッシュがGUI上で設定できなかったのでCUIでソースを少しいじっています。
そこらへんのカスタマイズの話は、また記事を書こうと思います。

姿勢は良くなった?

分離型キーボードの利点として、姿勢が良くなるという話があります。

たしかに両手を正面に持って行く必要がないため、肩を狭めすぎず、良い姿勢を保つことができます。

ただしそれは元から良い姿勢を保つことが可能な人の話で、私はすぐだらけてしまったり、デスノートのLみたいな座り方をしてしまうため、このキーボードを買ったからといって、特別姿勢は良くなっていないと思います。(当たり前ですね笑)

外付けキーボードよい

今までMacbookのキーボードしか使ってきておらず、外付けキーボードを使うのがほぼ初めてなので、単純にテンションが上がって、家でキーボードの前にいる時間が増えました。

またキーボードから手を離さないようにショートカットを覚えようという気概が生まれて良いです。

これからどんどん使い込んで行こうと思います!